加齢に負けない

加齢に伴い関節痛が生じる原因

加齢による身体機能の衰えにより現れる様々な症状の中で、特に多くの人が訴えるのが、関節痛になるのではないでしょうか。 関節痛の原因としては、転倒などによる外的要因のほかに、関節機能の衰えと言う、内的要因の大きく二つに分けることが出来ます。 関節痛の治療は、整形外科を受診することにより行われます。転倒などにより生じた関節痛の場合は、湿布や塗り薬の塗布、痛みが強い場合は痛み止めの投薬や注射などの治療により、症状が緩和するケースがほとんどになります。 これに対して、加齢に伴う身体機能が衰えが原因の場合も、ほぼ同じ治療が用いられますが、これらにリハビリ治療などを加えて、筋力アップを図っていくケースも多く見受けられます。

すり減った軟骨を補うには

加齢による関節痛の場合、投薬治療やリハビリなどの他に、サプリメントを服用して、緩和を図ることも可能になります。 関節に痛みが生じる原因として、軟骨のすり減りを挙げることが出来ます。この軟骨の成分を含んだサプリメントを摂取することにより、痛みの緩和が期待することが出来ます。 このようなサプリメントの服用の利点ですが、軟骨を生成するために必要な成分を、効率的に摂取することが出来る点になります。 軟骨を生成する成分は、海老やカニなどに多く含まれていますが、これらの素材を用いての食事では、摂取する量に限りがあります。 しかし、サプリメントはこれらの成分が凝縮されていることから、より効率的に栄養分を取ることが可能となります。